ゼロから始める貯金生活

手取り16万前後、30代独身一人暮らしにして貯金ゼロ...浪費によりカード支払いに追われた20代。ついにはリボまで。負のスパイラルからの脱却と貯金生活の記録です。

お給料日は悲しい日!?一瞬で消えるお給料


貯金ゼロ、30代独身の鈴蘭です。こんにちは😊


これから毎月の生活費や節約、貯金について綴っていこうと思っておりますが、その前に!これまでの状況と、そうなってしまったいきさつをお話ししたいと思っています。


今日は私のお給料が毎月どのように消えていっていたのか、おおよその支出についてざっと触れていこうと思います。


節約、やりくりのご参考には一切ならない支出をどうぞご覧ください!


ズバリ!お給料はこう消えていく...

早速ですが、もったいぶることが何もない内容なので、毎月の支出をご紹介します!


家賃¥51,000
電気代¥3,000
水道代¥3,000(2ヶ月に1度)
ガス代¥5,000
NHK¥2,500(2ヶ月に1度)
カード代¥90,000
交際費¥10,000


合計¥164,500


※カード代には、保険¥3,000、携帯代¥10,000定期代¥14,000、コンタクト代¥6,000、食費、日用品代が含まれています。
※ネット代は家賃に含まれています。


今までの手取り平均は18万。(現在は15〜16万です。)支払いを終えると手元に残るのは¥16,000。水道光熱費の変動や住民税支払のための貯金でほとんど残らない月もしばしばありました。




お給料日から金欠状態

見ての通り、お給料日はあっという間にお金がなくなります。そして、次のお給料日まで手元に残ったお金だけでやっていけるか、急な出費がないか、不安を感じながら過ごすのです。


我慢してた〇〇が買える!今日は贅沢ランチをしよう!そんな楽しみは全くありません。ただただ、静かに次のお給料日が来るのを待ちます。




手元に現金がないからカードに逃げる

その通りなんです。


本当はカード代を減らしたい...でも使えるお金がないからカードで支払う。なんとか残りのお金で生活しようと試みても、結局は足りなくなりカードを使ってしまいます。抜け出したいと思っていても抜け出せない、染み付いた金銭感覚はそう簡単に変わりません。


急に現金が必要になったらもうどうしようもありません。





お金にだらしない、浪費家...そう思われても仕方ない...いや、そうなのでしょう😖この有様は。


今まで幾度となく、カード代を減らそうとしても失敗に終わり...心の中ではまあいいやと、結局は中途半端な覚悟だったのだとしみじみ思います。


こんな誰得?な記事を最後まで読んでいただきありがとうございました😊



〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ポチッと応援よろしくお願いします💕


にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ
にほんブログ村

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜